洗顔・クレンジング

プルエストにあうクレンジングは?肌バリアを壊さない選び方

プルエストのユーザーの多くは、肌への刺激が気になる方が多いと思います。
プルエストに合うクレンジングとして、プルエストの最大の特徴である

  • 石油系界面活性剤不使用なので、肌バリアを壊さない
  • 天然のスクラブで、肌への刺激が少ない

このメリットをしっかりと生かすために、クレンジングも肌への刺激が少ないものを選ぶのが正解です。

特にクレンジングは刺激が強いものが多いので、せっかくいい洗顔を使っていてもクレンジング選びを間違ってしまうと毛穴の黒ずみが悪化する可能性さえあります。

プルエストに合うクレンジングですが、スバリおすすめは「コールドクリーム」

コールドクリームは肌バリアを壊さず、肌へに優しい成分でできているので、プルエストへの相性がいいんです。

中でも、私はちふれのコールドクリームがコスパも良くて気に入っています。

クレンジングに含まれる界面活性剤が肌バリアを壊す

クレンジングにはたくさんの種類がありますが、洗浄力の高いクレンジングほど界面活性剤が使われています。
しかし、プルエストは石油系界面活性剤を使っていないので、洗顔しながら肌バリアが崩れません。

せっかくプルエストで肌バリアを守っているのに、クレンジングで肌バリアを壊してしまっては本末転倒。
なので、クレンジングも肌バリアを壊さない、刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

オイルクレンジングは
肌トラブルの原因に

オイルタイプのクレンジングは複数の界面活性剤が使われていることが多いので、肌バリアを簡単に壊してしまいます。

肌バリアが壊れると、肌あれや乾燥肌、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

拭き取りタイプは摩擦に注意

また、クレンジングする時の肌への摩擦も重要なポイント。

拭き取りタイプのクレンジングは、手軽でサッとクレンジングができる反面、摩擦が大きいので肌ダメージが蓄積しがちです。

また、こちらにも合成界面活性剤が使用されていますので、肌バリアを壊してしまいます。

洗顔フォームでバリアを壊してませんか?

「肌に優しい」「弱酸性でやさしい」などのキャッチコピーの商品も多く、いかにも刺激が少なそうですが、そのほとんどが合成界面活性剤を含んでいます。

「洗い上がりがしっとりするから、バリア機能が崩れていないのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、しっとりするのは強力な界面活性剤でバリアが壊れているからです。
バリアが壊れた肌の隙間に、保湿成分が入り込んでいるのです。
洗顔直後はしっとりして良いかもしれませんが、バリアが壊れた影響で肌トラブルを引き起こします。

プルエストにコールドクリームが合う理由

コールドクリームは昔からあるクレンジングで、水・油・パラフィンなどが主体の成分です。

肌につけるとひんやりすることからこの名前がつきました。

コールドクリームには界面活性剤が含まれておらず、肌バリアを壊しません。

クレンジングの中で、一番肌に優しいのはコールドクリームのクレンジングです。

オイルクレンジングよりも洗浄力はありませんが、コールドクリームに含まれる油でメイクはちゃんと落ちるので、肌にやさしいんです。

毛穴の黒ずみが気になる方は、クレンジングの際に中指で鼻まわりをクルクルとマッサージしておくのがポイント。
そうすると、毛穴の黒ずみ汚れも落としてくれます。

ちふれコールドクリームは1000円以下で購入できて、使い切るのに1〜2月かかるのでコスパもいいです。

肌バリアを壊さない特徴のあるプルエストと相性がいいのは、クレンジングも肌バリアを壊さないコールドクリームがおすすめです。

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームN  300g

W洗顔がめんどくさい方へ

クレンジングしたあとに、さらに洗顔→化粧水→乳液といった作業を毎日行うのってめんどうですよね。

毎日のケアを欠かさず行うことで肌への効果が期待できるので、手軽に毎日続けられるかも大事なポイント。
洗顔するのがめんどうで、メイクしたまま寝てしまっては肌に深刻なダメージが蓄積されてしまいます。

めんどくさがりな方で、毛穴汚れに悩んでいる方ならばW洗顔不要なクレンジングが良いですね。

anu(アニュ)クレンジングなど、W洗顔不要なクレンジングはプルエストよりも1ステップ少なくて済むため、メイクしたまま寝る心配もありません。

  • 基本はクレンジング+プルエスト
  • めんどくさい時はW洗顔不要のクレンジングだけ。

このように、日ごとに使い分けるのも良いですね。

【肌に優しく洗う前より潤う】anu クレンジング